2015.11.23リーダーミーティング パネルディスカッション「これからの音楽活動はこれだ!!」トークテーマ「プロになるには?」

2015年11月23日、リーダーミーティングにて音楽プロデューサー、元メジャーアーティストをお迎えしてパネルディスカッションを行いました。

登場してくれたのは、元メジャーレコード会社A&Rプロデューサーヤタユウイチさん、元メジャーアーティスト、川縁清志さん、谷口崇さんという豪華な顔ぶれ。

音楽業界のことや音楽活動を長く続けてきた経験値を伝えてくだり、ありがとうございます。

(ゲスト)

・LIVEファン集客プロデューサー ヤタユウイチ(プロフィール

・歌う応援隊 ヒトミリリィ、BigBearRichRecords代表 川縁清志(プロフィール

・シンガーソングライター 谷口崇(プロフィール

(MC)

・音楽活動戦略コンサルタント 大関勇気(プロフィール

リーダーミーティング プログラム二部フライヤー

パネルディスカッションで語られた「プロになるには?」についての模様をレポートいたします。

 

プロになるには?

 

MC:大関勇気(以下:大関)「僕のところにたまに来る相談なんですけど、“プロになるには?”なんて質問がきたらどう答えますか?プロデューサーや経験のあるミュージシャンのご意見を伺いたいんですけども」

ヤタユウイチ(以下:ヤタ)「まず、プロってのがどういう定義かっていうのがあるんですけど、僕が思うに、自分が何かを発信してそれを受け取るファンがいて、そのファンに対して何かを与えている人はプロだなと。その所属がメジャーであろうとインディーズであろうと、個人でも関係なく。

やっぱりお客さん、ファンがいて初めてこういう関係が成り立つので。

やっていることってのは結局、メジャーのレコード会社ってファンを増やす作業をやっているので。どんなに歌が上手くても、ギターが上手くても、ファンが一人もいない人だとプロとはなかなか呼びづらいので。

そういう意味でちゃんとコミュニケーションがとれる人。ファンとの関係性を築ける人。

特に今の時代なんて、メジャーのレコード会社はファンがついているバンドしか探していないですからね。やっぱりファンがいるところはいつの時代も強いので。

プロになるうんぬんという以前にファンを作っていける人になるってのがまず一番大切なのかなと思います」

IMG_8885-1

大関「谷口さんはコンテストがきっかけでプロになったということですけど」

谷口崇(以下:谷口)「東京来たときは僕のこと知っている人なんて全くいないし、福岡のときもバーで友達の前で歌っていたぐらいなので、ファンとのコミュニケーションを僕はとれなかった。ヤマハは何組かアーティストいましたけど、僕だけファンクラブがなかった。だからたぶん谷口みたいな難しいやつは、人懐っこい感じじゃない方がいいんだっていう判断だったと思うんですけど、ヤマハ離れてしまうとやっぱり何もなくなるわけですよ。

まず一番最初にしたのが、ライブでアンケートとって、今度はそれを自分でやらなければいけないわけですから。そういう意味では、今おっしゃったようにファンとの関係を築けるコミュニケーションをとれる。ただしゃべるだけでなくて、気持ち良く応援をしてあげられるような関係をファンと作れるような。

僕が働いていた蕎麦屋が25席ぐらいなんですけども、割と忙しくて、常連さんもたくさんいらっしゃって。でも一年通してやってみると、常連さんが何組かって、たぶんお客さんの数は数えられる。何回も来てくれるし、顔もわかる。その人たちのおカネで蕎麦屋はまかなっている。

音楽やっていると全国にファンがいてって、それは広いと思うんですけど、蕎麦屋でもそれだけの人数でもちゃんとお客さんとコミュニケーションをとれれば、立派な店が持てるんだなって実感としてあって、今おっしゃったことが蕎麦屋をやる前はわからなかったですけど。(笑)」

大関「ベリさんはどういうきっかけでデビューされたんですか?」

川縁清志(以下:ベリ)「デビューは、北陸の金沢で大学生の頃にバンドで組んで、地方のライブハウスでワンマンライブできるように目指していて、ただ、その頃のお客さんは学生の友達ばっかりだったけど、地方で1,2,3位ぐらいの集客集とか人気を目指していただんですよね。

その頃、“メジャーデビュー”という言葉は憧れだったし、メジャーデビューが何なのかわからないけど、デビューしたらきっと素晴らしい世界が待っているっていう期待がすごくでかかったですよ。

だから谷口さんみたいにコンテストもいろいろ出たりしてたんですけど、結局デビューできた理由がボーカルのルックスと歌の上手さで、デビューした時の事務所の社長に言われたんだけど“ボーカルだけでいいよ”と。けど、地方で可愛がってくれてたイベンターさんがそこの事務所につなげてくれたんだけど、“このバンドは俺がこのこのメンバーで大切にしているから、デビューさせるならバンドで”って推してくれたから奇跡的にデビューできた。

僕なんて本当にベースの実力もないし、それこそケーブルのこと線って言ってたし、線どころかコンポのイヤホンのところにベースさして(笑)インプットじゃないんですよ。アウトプットですよ。(笑)」

全員「あははは(笑)」

IMG_8870-1

ベリ「洋楽とかも東京に出てきてから聞いたし。それぐらい知識もなかったし。結局ボーカルがそれだけの取りたいと思わせるだけの才能があったから、乗っかれたんですよ。

そこから自分が何もないと気づけたし、メジャーの期間が終わった後に、俺は音楽で食いたいのか、どうしたいのか、趣味でやっていきたいのか、実家戻るのかって、いろいろ悩んでやっぱり音楽から離れられないとわかったので、全部自分でやっていこうと。

それでレーベルを立ち上げて。だから会社を大きくしようというのではなかったんですね。自分がやりたいことをやるために必要なものを自分でそろえなきゃいけなかったから。法人は法人としか契約しないじゃないですか。アーティストとの契約はまた別なんですけど、仕事の場合、“法人は法人口座持っている人としか契約しない”って言われたことがあったんで、じゃあ法人口座もってやるよってことで登記しちゃっただけなんですよ」

大関「なるほど」

IMG_8933-1

ベリ「プロになるには?っていうことなんですけど、例えば食っていけるかっていうことで言ったら、アルバイターでも食っていけるんですよ。

だけど、アルバイターはプロかっていうとプロではなくて、やっぱり正社員の人の経営者や技術者という人たちがプロと呼ばれる。それは何故かと言うと、自分から持ってきた仕事だったり、給料を払うということに対して全責任を自分が負うということだと思うんですよ。

食えるかどうかではなくて、何か一つライブをするにしても、曲を作って流すにしても、そこに自分が全部責任を負えるか。

たまにブッキングライブでドタキャンするアーティストとかいるじゃなないですか。あれはどんなに人気があってもプロではないんじゃないかと思うんです。プロって何かっていろいろあると思うんですけど、俺はそういうことかなって思っています」

大関「そうですね。責任を持つのがプロだと」

ベリ「それだけではないですけどね。まずはそこが絶対必要だし。

それこそ、10年、20年前だったら人格破綻者でも才能さえあればデビューできたかもしれないですけど、今音楽で成功していきたいとか、未来へ音楽でちゃんとつなげていきたいと思うのであれば、人として最低限のマナーだったり、筋だったりってのを大事にできないと、やっぱり見放されてしまう。

だから、プロとして認められたいのなら、才能まかせじゃなくて自分磨きもちゃんと必要だなと思います」

IMG_8927-1

ヤタ「どうやってプロになったかというお二人の話を聞いて、やっぱり何かしらのアクションを起こさないとって思うんですよね。

よく聞かれて“デモテープなんか送っても聞いてくんないんですよね”って言われるけど、めちゃめちゃ聞いてるんですよ、実は。オーディションとかも制作担当の人なら普通に行くし、やっぱり知らない人には声が掛けようないじゃないですか」

大関「確かにそうですよね」

ヤタ「だから、オーディションだったり、デモテープだったり何でもいいんですけどアクションを起こさないと。

僕、今アマチュアの子の活動とかも見るようになって、ライブ見たりするとめちゃめちゃ良いのがいるんですよね。どこにいたの今までって。

あと、ジャンルとかもあったりして、この子めちゃめちゃ良いけどどうする?みたいなこともあって、担当の視野の中で方法論が見えるか見えないかで削っちゃったりもするので、担当の人とのマッチングもすごくありますよね」

大関「そういう人との出会いは大事ですよね」

ヤタ「もしデモを送るなら、スタジオとかに行くとミュージックマンっていう本がありますので、その中にレコード会社の担当が全部ばあーって書いてあるので、その横にそのディレクターやプロデューサーが担当しているアーティストも書いてあるので、その人にピンポイントで送ったりすると聞きますよ」

大関「○○レコード御中じゃなくて、担当者の名前でってことですか?」

ヤタ「そう、名指しで。それはなんでかと言うと、デモテープ係御中だとデモテープの箱にぼんって入ってて、それでも月に一回ぐらい聞くんですけど、名前で来ると、ヤタ様って来ると、僕が会社に行くとテーブルに置いてあるわけですよ。なんだこれって、開けると写真とかデモが入っていて。たぶん、僕が何を担当しているか知ってて送ってくるんで、だいたいテイストに合うものを送ったりしてくるので、それで会ったりする人もけっこういますよ。それでデビューした人もいるし。

だから、何らかのアプローチをした方がいいですよ。

接点をどこで見つけるかっていうことで、どういう経緯でもいいんですけど、ライブハウスにも呼ばれて行くこともありますけど、そこで出会って良いなこの子ってのもありますけど確率的には偶然に近いので、アプローチされて“ライブいつあるんですけど来てください”って言われて、それでちゃんと音源と写真があると、かなり確率的にも上がるかなと思うんですけど」

大関「なるほど。アプローチしていこうと」

ヤタ「そうですね」

IMG_8898-1

大関「最近のミュージシャンはどうですか?アプローチしてきますか?」

ヤタ「僕がソニーのときによくライブを見に行ってて、こっちからデビューとは言っていないんですけど、良いなっていうバンドがいたんですね。社内でも良いよねって話になってて、会社にも2回ぐらい来たかな。それで、“デモ出来たら送って”と言っていたんですけど、デモ送ってこないんですよ。

誰をデビューさせるとか決める編成会議があるんですけど、僕そこに名前を入れてたんだけど、アプローチがないんですよ。どういうあれなのかなと思っていたんだけど、明らかにアプローチがないまま、バンドもごたごたしてきて活動中止とかになったりして。

で、この間久々に電話かかってきて会うことになって、そこではっきり言ったんですよ。“デビューまであとちょっとだったんだよ”って。“まじっすか!?”って。その時にライブでやってた曲もめちゃめちゃ良い曲だったんですよ。“なんで送ってこなかったの?”って聞いたんですよ。

そしたら“いや~、自信がなくて”みたいな。

だから、自信があるない、良いか悪いかは相手が判断するから、とにかくアクションは起こした方がいいと思いますよ。

名刺とか渡しても、それこそ2000年とか90年代の頃は、がんがん来たんですよ。“今東京に来てるからお会いできますか?”って。“この間名古屋であった子だよね”って。(笑)そういうことあったんだけど、最近は名刺とか渡してもうんともすんとも言ってこないから、メジャーとか興味ないのかなって。

“メジャーとかどうなの”って聞くと“でたいっす”とかって言うには言うんですけど、あまりそれが感じられないから“どうなの?”って逆にこっちが聞きたいですよね」

IMG_8945-1

大関「そういう意味では谷口さんはコンテストで最初はデモテープがきっかけになったと思いますけど」

谷口「僕がオーディションに出しときは、まわりに友達がいなかったから、全部自分で8トラックのテープのMTRに入れて、キーボードが弾けなかったんですけど、音圧を厚くしたかったから、コーラスを入れてたんですよ。それが珍しかったみたいで。

後で聞いたんですけど、選んだ人がこれ良いな悪いなって分けていって、僕のだけは、これよくわかんないからっこっちに置いとこうってもうひとつ別の枠に入れて。それをもう一回みんなで聞いたからうまいことあがっていったっていうね。そういう相性というか、どういう人と巡り合うかっていうね」

ヤタ「それ、でかいですよね」

大関「ベリさんはレーベルをやっている中でミュージシャンからの相談も受けると思いますけど、どんなことを伝えているのですか?」

ベリ「そうでうね。いろんな募集をかけて、こういう応募要項で送ってくださいってあると、応募要項だけ答えるメールを送ってくることがあるんですね。“はじめまして”とかあいさつ文が一切なくて、名乗ることもなくて、そのまま1番:名前、2番:住所とかってあると、1番○○、2番○○とかだけ書いてきて、写真だけデータで送ってきたりして。

そういうのは、さっきも言ったけど、人としてのあれがないと良い出会いも生まれづらいなと思うし。

あと、“どうしたらいいですか?”っていう質問がすごく多いですね。

“私こういう活動しています。こういう経歴があって、こんな楽曲があります。どうしたらいいですか?”って。

なんか簡単に答えを求めようとする人がすごく多いなと感じます。

そこで、僕の経験値から“こういうこもあるよね”って話をして“いいですね”って言っても、さっきのアプローチしないっていうのと同じなんですけど、その“いいですね”をやる子も少なくて、何のための話だったのかなってこともありますね。

逆に、そこでわかったってチャレンジしている子は、正しいかどうか別にして、今までやらなかったことに対するチャレンジと結果がついてくるから、一歩学んで進んでいると思います。そうじゃなくて、話を聞くだけの子は何も進まずにそこで右往左往しているだけなんで」

大関「もっと行動を起こすべきですよね」

ベリ「聞きに来るってことだけで満足しちゃっているのかなって思います。こういうセミナーもそうだと思いますけど、参加して何かが変わるかっていうと、プロレスとかボクシングを見て強くなった気になるじゃないですか。(笑)本当に強くなるわけじゃなくて、トレーニングしなければ強くならないし、そういうのは何でもそうだと思います」

大関「なるほど。深いご意見をありがとうございます」

2015.11.23LM

お三方の体験談や長く音楽活動を続けているマインドなど、重みのある言葉に何度も共感しました。

初対面のパネラー同氏でしたが、さすがミュージシャンですね。始まる前の挨拶とちょっとした雑談から、ステージに上がった時には息の合った掛け合いを展開していました。

お互いを認め合い、終始楽しくディスカッションできたことが印象的です。

お三方とも共通して「行動することの大切さ」をお話しされていました。

ご参加された方も気づきがあったようで、「面白かった」「またやってほしい」というお言葉をいただきました。

ありがとうございました。

関連記事

  1. やりたい音楽と売れる音楽どっちをやるべき?/ファン集客プロデュー…
  2. これからの音楽活動の形について/音楽プロデューサー・スティーヴ小…
  3. 志とは?/志ぶや音楽事務所 トークイベント(2016.6.26)…
  4. 対談「リーダーミーティングとは?」音楽活動戦略コンサルタント大関…
  5. バンド活動において大事なこと/アンドロメルト本田唯 トークイベン…
  6. 音楽を職業にするのは大変ですか?/ファン集客プロデューサー ヤタ…
  7. やりたい音楽と売れる音楽どっちをやるべき?/オフィス樋口代表 サ…
  8. 音楽を職業にしたい人へ/オフィス樋口代表 サウンドディレクター …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP