やりたい音楽と売れる音楽どっちをやるべき?/ファン集客プロデューサー ヤタユウイチ トークイベント前編(2016.4.29)

2016年4月29日、リーダーミーティングにて元メジャーレコード会社プロデューサーでLIVEファン集客プロデューサーとして活躍するヤタユウイチさんをゲストに迎えトークイベントを行いました。

プロデューサーの視点から、アーティストに対して思うことを聞いてみました。

(ゲスト)

・元ポニーキャニオン、元ソニーミュージックA&Rプロデューサー LIVEファン集客プロデューサー ヤタユウイチ(プロフィールはコチラ

(MC)

・音楽撮影プロデューサー宮原那由太(プロフィールはコチラ

_MG_5217_2-3

やりたい音楽と売れる音楽どっちをやるべき?

 

MC:宮原那由太(以下:宮原)「自分がやりたい音楽と売れるというか求められている音楽のどっちをやっていくべきなんだろうか気になる人っていると思うんですね。いかがでしょうか?」

ヤタユウイチ(以下:ヤタ)「売れる音楽ができるんであれば、売れる音楽をやった方がいいですけど。それが出来るんであればね。でも売れる音楽って何?ってことですよね。それがわかるんならメーカーに入った方がいいですよ。20年やっても売れる音楽ってのは追求できないですからね。」

宮原「あるアーティストがいて、自分はこういうのがやりたいっていうのがあって、レコード会社としてはこういうのをやっていきたいっていのがあると思うんですけど、その折衷案みたいなものがあるんですか?それともどっちかに振り切ったりするんですか?」

ヤタ「基本的にどういう経緯で出てきたかによりますよね。オーディションで作ったアイドルとかならレコード会社のコンセプトを売り込むだろうし、どっかで才能として見つけてきたならアーティストならその音楽性を。ただレコード会社からもこういう方向が良いっていうディスカッションしながらやっていくんですけどね。バンドとかで、こっちが100%絶対これっていうのはまずないですけどね。よく昔「メジャーレコード会社とかに行くと、そういうのやらされたりするんでしょ」って、そんなことないですからね。元々バンドとかで活動していた人に、180度色の違うことやれと言うのはないでしょ」

宮原「じゃあレコード会社がこのバンドが良いと思ったときに、そのバンドが今やっている音楽を続けさせようという意志が強いんですね?」

ヤタ「強いというか、だってできないでしょ。もしくは良いと思ったポイントがそこだったなのに、全く別のものやらせたら違うものなっちゃうので。それだったら、別の企画を組んだ方がいいなっていう。

でもよくもめるのはタイアップのときですよ。タイアップの時は、クライアントの意向とか歌詞の制限とかもあるんで、だったら「やんねえよ」っていうアーティストもいます。ソニーだったらアニメの主題歌とか多いじゃないですか。先に話しますよ。「こういうのあるけど、やる?」って。「コンペ出す?」って。「出すならいろいろ言われちゃうよ」って。1分半に収めないといけないとか、そういう曲にしてもらわないと困るし。そういうのが嫌なら出さないし」

宮原「なるほど。ありがとうございました」

(後編「音楽を職業にするのは大変ですか?」につづく

関連記事

  1. やりたい音楽と売れる音楽どっちをやるべき?/オフィス樋口代表 サ…
  2. バンド活動において大事なこと/アンドロメルト本田唯 トークイベン…
  3. これからの音楽活動の形について/音楽プロデューサー・スティーヴ小…
  4. 2015.11.23リーダーミーティング パネルディスカッション…
  5. 対談「リーダーミーティングとは?」音楽活動戦略コンサルタント大関…
  6. 音楽を職業にしたい人へ/オフィス樋口代表 サウンドディレクター …
  7. 志とは?/志ぶや音楽事務所 トークイベント(2016.6.26)…
  8. 音楽を職業にするのは大変ですか?/ファン集客プロデューサー ヤタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP