成功するアーティストとはどういう人?/音楽活動戦略コンサルタント大関勇気インタビュー(2016.8.31)

2016年8月31日、リーダーミーティングを主催する音楽活動戦略コンサルタント大関勇気(プロフィール)にインタビューしました。

(MC)音楽専門カメラマン宮原那由太(プロフィール

成功するアーティストとはどういう人?

宮原那由太(以下:宮原)「成功するアーティストってどういう人でしょうか?
大関さんが、いろいろ事例をみてきていると思うので、こういう人なら成功しそうだなって人はどういう人でしょうか?
成功って解釈もあると思いますけど」

大関勇気(以下:大関)「それ、今突っ込みたかった(笑)」

宮原「あははは(笑)」

大関「僕が見ていいなって思うのは、違うことをやっている人」

宮原「ほおー」

大関「違うことをやっている人。違うことをやっている人は気になる。それが成功かどうかはわからないけど。
何が成功かっていうのもあるんですけど、音楽を続けていくっていうのを成功だとするなら、違うことをやっている人」

宮原「続けられる人は、人と違うことをやっている?」

大関「うん、人と違うことやるのって自分で決めているから。人と違うことやるのってすごい勇気いりません?」

宮原「勇気いりますね。特に日本人だとそうかもしれませんね」

大関「だから自分で決めている。人と違ったとしても、自分はこれをやるんだって。
自分で物事を決められるから、音楽を続けるんだって決めることもできる。
それが、まわりがこれがいいからこれやるとかってやっていると、それはブレている。
自分で決めれていない。参考にするのはいいことだけど」

宮原「そうですよね」

大関「うん、参考にするのはいいんだけど、ただマネをしたってなっちゃうと責任を外に求めちゃうんですよね。
これやったけど上手くいかなかったってときに、比較できちゃうから、この人は上手くいって、同じことやったのに自分は上手くいかなかったってなると、自分はダメなんじゃないかって思ったり。
そうなると、好きな言葉じゃないんだけど、才能ないって言葉に陥っちゃって、それで辞めちゃうっていう」

宮原「そういう状態になっちゃうと、自分の中で勝手に思っちゃったりてのもありますよね」

大関「うん、自分で決めれてないから。まわりと比較しちゃって劣っているなと思っちゃう」

宮原「そうですね。憧れのバンドとかがあって、ああいう風になりたいなって目標はあってもいいけど、ただそれを追いかけるだけだと、どうしても二番煎じ三番煎じというか、その人たちには勝てないですもんね」

プロは椅子取りゲーム

大関「あのー、佐久間正英さんの本があって、ジュディマリのTAKUYAさんと対談の記事が載っているんだけど、TAKUYAさんが言ってて、“プロは椅子取りゲーム”だって」

宮原「ほおー」

大関「プロは、同じ椅子には座れないって。
だから、それを意識して、TAKUYAさんのプレイってすごい動くんだよね。ここ弾くみたいな。(笑)それって誰にもできないっていうか」

宮原「他のギタリストでは再現できないというか」

大関「そう、手グセじゃなくて、先に音作って、それを無理矢理がんばって押さえている。それを練習して出来るようにしている」

宮原「へえー。そこまでいければ、自分にしか表現できない音楽ってのが確立されて、自分が第一人者になるってことですね。
椅子取りゲームってのは面白いですよね」

大関「そう、プロは椅子取りゲーム」

宮原「だからその椅子に座っている人が・・・」

大関「どかない限りはね」

宮原「そのポストが空かないと・・・」

大関「ミュージシャンって息が長いから、スポーツ選手とかだと体力的なこともあってわりと早く引退ってあるかもしれないけど、音楽やっている人ってロックで、おっちゃんたちも元気だからね。おじいちゃんになってもやってるからね。
どいてくれないっていうのもあれだけど、なかなかどかないでしょ。だから空いてる椅子を探さないと」

宮原「まだ発見されていない空いてる椅子があるかもしれないですよね」

大関「そうですね」

宮原「そういう椅子を発見することが成功というか」

大関「成功ってどういうことを言うんですかね?」

音楽で飯を食えるようになるには?

宮原「まあ解釈はいろいろですけど、例えば音楽で飯を食えることが成功だとしたらどうでしょうか?」

大関「音楽で飯を食うってことでしょ。クオリティだよね」

宮原「おっ!!」

大関「クオリティがないとダメでしょ。クオリティっていっぱい練習して追求していくものだから、やっぱり続けないとダメだけどね」

宮原「なるほど」

大関「やっぱり、良い曲が一曲でもあると違うし」

宮原「確かにクオリティをあまり求めないでプロになりたいって言う人もなかには多いような気もしますよね」

大関「そうですね。純粋アーティストっていう意味であればクオリティだけど、そうじゃなくてもいけるかもしれないけどね」

宮原「でも、例えばビジュアルでもそのクオリティが高くないといけないですよね」

大関「まあB線でもそこ狙えば大丈夫だし」

宮原「あー、新しい。(笑)」

大関「食えるかどうかだから、必ずしもファンの数じゃなくて、ファンの使うお金が多ければいい」

宮原「単価が高ければ」

大関「そう。単価が高ければ。実際にライブのチケットが15000円ぐらいのアーティストもいるし」

宮原「15000円のチケット!?」

大関「CDとかグッズとかつけてパッケージで売って。それを50人ぐらいの動員でも70万円ぐらいいくでしょ」

宮原「そうですね。70万円!!」

大関「50人が多いかどうかわからないけど、売上を作ることはできる」

宮原「確かにそれは他の人はなかなかやっていないですよね」

大関「やっぱり違うことをやらないとね」

宮原「そうですね」

大関「うん、成功って何を持って成功って言うか難しいけど、まずは自分の中で成功っていうイメージを明確することですね。
で、そのために自分で何をするか決めればいい。
そうすれば人と違うことだってブレずにできるだろうし、そこに近づくことはできると思いますよ」

宮原「はい、ありがとうございます」

関連記事

  1. 音楽を職業にするのは大変ですか?/ファン集客プロデューサー ヤタ…
  2. 志とは?/志ぶや音楽事務所 トークイベント(2016.6.26)…
  3. プロになるにはどうしたらいいですか?/音楽活動戦略コンサルタント…
  4. 対談「リーダーミーティングとは?」音楽活動戦略コンサルタント大関…
  5. やりたい音楽と売れる音楽どっちをやるべき?/ファン集客プロデュー…
  6. 音楽を職業にしたい人へ/オフィス樋口代表 サウンドディレクター …
  7. 2015.11.23リーダーミーティング パネルディスカッション…
  8. これからの音楽活動の形について/音楽プロデューサー・スティーヴ小…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP