セミナーを活かすには一人の時間を作ること/音楽活動戦略コンサルタント大関勇気(2016.11.27)

一般的にセミナーを受けて成果を出せる人は20%と言われています。

やる気になったけど成果の出ない人が60%、せっかくセミナーにきても寝ているようなやる気のない人が20%の割合です。

セミナーで学ぶと多くの人がやる気になりますが、ほとんどの人が行動できません。

セミナーを活かしたかったら、その内容を実践しないといけないんですね。

ところが、行動するということを知ったところで、行動できないんですね。

何故なら、行動計画を立てないからです。

いつ、どこで、何を、どうやってと計画を立てないといけないんですね。

計画を立てないと人は行動できません。

何故なら、毎日が忙しいからです。

毎日の生活に追われて、新しいことができません。

チャレンジができません。

そうわかっていても、できないのです。

何故ならば、行動計画を立てないからです。

そこで、行動計画を立てるための一人の時間を作ってほしいと思います。

考え抜くための集中するための時間と空間、環境を確保してください。

私もよくカフェで一人で考えています。

なるべくなら情報を遮断して、一人の時間を作って、集中して考え抜きます。

これが、セミナーに参加して、結果出すための秘訣です。

関連記事

  1. これからの音楽活動を支えるコミュニティの価値(後編)
  2. ファン獲得のためのマーケティング戦略/音楽活動戦略コンサルタント…
  3. 音楽活動をおカネに換える仕組みづくり/音楽活動戦略コンサルタント…
  4. セルフプロデュースアーティストの事例「働くオトナに寄り添うシンガ…
  5. インディーズアーティストに必要な「オウンドメディア」的な情報発信…
  6. 行動できる・できないの要因とは
  7. フリーランスとしての「プロ」とは/音楽系の映像撮影を行うフリーラ…
  8. 音楽活動における時間とお金の使い方/音楽活動戦略コンサルタント大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP