夢や目標はあるか。やりたいことをやるコツ。

夢や目標はあるか。やりたいことをやるコツ。

夢・目標を語ること

もしやりたいことがあるのなら、やりたいことを口にしてそこに向かって努力していれば仲間ができる。
逆に言えば、仲間が欲しければ夢と目標を語ること。

今を生きる

やりたいことがわからないという人もいるだろう。
そういう場合は、やりたいと思ったらすぐにやることだ。

やりたいことなんて、やってみないとわからない。
やってみて、やりたかったかどうかがわかる。
だからとりあえずやってみて、判断すればいい。
やりたいことが変わることもある。
だから、今やらなかったら、ずっとやらないままかもしれない。

やりたいと思ったときにそのままにしないですぐに動くこと。

検索してもいいし、誰かに相談するのもいい。それがやれそうな場所へ足を運ぶのもいい。とにかく動くこと。

すると、いつか本当にやりたいことに出会える。

自信がある・ないは問題ではない

それでも動けないことがある。

その理由の多くが自信がないからだ。

当然不安もあるだろう。

もしそうなら、自信がある人と組めばいい。

自信がある人はできると思っている。それが当たり前となっている。

自信がない人の口癖は、「大変」とか「難しい」とかだが、自信がある人は言わない。
何故なら、できて当たり前だと思っているからだ。

当たり前にできることをしているにすぎない。だから成功するというロジックだ。

例えば、朝のルーティン、顔を洗うことを今日は難しいかもと思う人はいないだろう。
寝坊したから、顔洗うのは大変だなと思う人もいないだろう。

当たり前になっているとういことは実現できるということだ。

関連記事

  1. 「プロが全力で行っている音楽活動とは」音楽活動戦略コンサルタント…
  2. 音楽活動は会社経営だ/音楽活動戦略コンサルタント大関勇気(201…
  3. 支援者を作ること
  4. セルフプロデュースアーティストの事例「働くオトナに寄り添うシンガ…
  5. 情報発信の5つのポイント/音楽活動戦略コンサルタント大関勇気基調…
  6. 早い段階で失敗すること
  7. これからの音楽活動を支えるコミュニティの価値(前編)
  8. 音楽活動における時間とお金の使い方/音楽活動戦略コンサルタント大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP