行動できる・できないの要因とは

行動できる・できないの要因とは

結果を出すには行動すること。
わかっていても行動できるときとできないときがある。

それは何故起こるのだろうか。

行動できない要因

行動できない要因は、肉体的要因と感情的要因の2通りある。

肉体的要因

けがをしていたり、疲れていたりということから休養が必要な場合は行動できない。
当然だが、健康を第一に考え休んだ方がいいだろう。

感情的要因

行動の土台となっているのは感情であり、そのベースにはミッションがある。
ミッションがしっかりしていれば、感情もぶれない。
感情の切り替えはできる。つまりは、感情をコントロールすることは可能である。
それさえできれば、行動につながり目標を達成することができる。

行動・感情・ミッションを整える

行動できない要因の多くは感情がぶれることにある。

行動・感情・ミッションを整えることが大事だ。

行動できるときの感情の状態をみてみると、気持ちの満足度が高いとき、自信があるとき、応援されているときなどだ。

人に認められいたり、能力があると自負していたりと自信があるときは、行動しやすい。
また。ベクトルがあった仲間がいるなど応援されているときもそうだ。

そうした心理的安定は行動するうえで大事だ。

マズローの五段階欲求

人間関係でストレスを抱えていると行動はしづらい。

マズローの五段階欲求をみてほしい。

自己実現とは、自分の能力を引き出して創造的活動をしたいという欲求である。

自分の活動でまわりにプラスの影響を与えたいと思うことであり、まさにアーティストがそうだろう。

承認欲求を求めてつまずいている人が多いが、自己実現を目指しているわけで、認められないと嘆いている場合ではない。

自ら応援される環境を作っていくことが大事だ。

関連記事

  1. 今までと違う自分になる勇気を持つ方法 宮原那由太 基調講演
  2. 早い段階で失敗すること
  3. なりたい自分になるプロデュース力の磨き方
  4. 音楽と社会をつなぐ活動(音楽×震災復興×防災)/セルフプロデュー…
  5. 支援者を作ること
  6. 夢・目標を50人に話してみよう
  7. 自分を持っている人が注目される。自分軸を磨くワークショップ。
  8. セルフプロデュースアーティストの事例「働くオトナに寄り添うシンガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP