夢・目標を50人に話してみよう

夢・目標を50人に話してみよう

やりたいことがあるなら発信してみよう。

すると賛否両論が起こる。

ふーんという反応。
無理でしょという否定的な声。
なんでやりたいの?という問い。

言い続けていくと、いろんなフィードバックがある。

そのたびに自分で本当にやりたいのか、何故やりたいのか、どうしてそう思ったのか、自分のバックグラウンドを振り返り、自分の内側と対話することになる。

そうやってブラッシュアップされていくと、次第に応援してくれる人も現れる。

まずは、50人に夢・目標を話してみよう。

何も口にしないのと、50人に聞いてもらった後とでは大きな差があるはずだ。

関連記事

  1. 音楽活動をお金に変える営業術/音楽活動戦略コンサルタント大関勇気…
  2. 時代背景とマーケティングにみる今後求められる音楽活動とは/音楽活…
  3. これからの音楽活動を支えるコミュニティの価値(前編)
  4. 情報発信の5つのポイント/音楽活動戦略コンサルタント大関勇気基調…
  5. 自分は何者かを言えるようになること
  6. 音楽活動は会社経営だ/音楽活動戦略コンサルタント大関勇気(201…
  7. フリーランスとしての「プロ」とは/音楽系の映像撮影を行うフリーラ…
  8. ファン獲得のためのネット発信術/ブロガーかさこ基調講演(2016…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP