夢・目標を50人に話してみよう

夢・目標を50人に話してみよう

やりたいことがあるなら発信してみよう。

すると賛否両論が起こる。

ふーんという反応。
無理でしょという否定的な声。
なんでやりたいの?という問い。

言い続けていくと、いろんなフィードバックがある。

そのたびに自分で本当にやりたいのか、何故やりたいのか、どうしてそう思ったのか、自分のバックグラウンドを振り返り、自分の内側と対話することになる。

そうやってブラッシュアップされていくと、次第に応援してくれる人も現れる。

まずは、50人に夢・目標を話してみよう。

何も口にしないのと、50人に聞いてもらった後とでは大きな差があるはずだ。

関連記事

  1. ブレない軸を作るリフレクションワーク
  2. セミナーを活かすには一人の時間を作ること/音楽活動戦略コンサルタ…
  3. これからの音楽活動を支えるコミュニティの価値(前編)
  4. 音楽活動における時間とお金の使い方/音楽活動戦略コンサルタント大…
  5. リーダーミーティング2017 コア・バリュー
  6. インディーズアーティストに必要な「オウンドメディア」的な情報発信…
  7. 音楽と社会をつなぐ活動(音楽×震災復興×防災)/セルフプロデュー…
  8. 異業種から学ぶ3つのビジネスモデル/音楽活動戦略コンサルタント大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP